ボスコの伝導型地熱活用住宅モデルハウスについて

三重県下初! 伝導型地熱活用住宅を体感できる!!

ボスコのモデルハウスは四日市市下海老町にあります。山小屋風でナチュラルな33坪平屋建てです。実はこのモデルハウスは、ボスコ社長森の自宅です。ですからありのままの実生活を公開しています。

私たちボスコは家を建てさせていただく時、それぞれの家に適した断熱外皮計画を立てます。それからその要求性能に見合った換気設備計画を考え、温熱環境を考えた住まいを提案しております。

温熱環境(ECOな家づくり)を考えた家づくりにおいても、ボスコは他のどの工務店さんにも負けたくない!」
「快適な生活、奥さんが笑い、子供がすくすく育ち、家計にも優しい」

お客様にも、そして自分の念願の家も絶対そうしたかったのです。

この家は自宅兼実験棟です。家中・地中に約30ヶ所温度センサーを取り付け公開しています。

伝導型地熱活用住モデルハウスご見学の様子


実際の家では部屋の広さ、配置など、これからの家づくりの感覚をつかんでいただくこともできますよ!!

隅から隅までご覧下さい。電力計で現在使用している消費電力を見ていただいたり、床下にもぐってもらったり、屋根裏にまで上がって話し込んだり

温度センサーで温度を測ったり、温度グラフを取ってみたりもできます。

ボスコの伝導型地熱活用住宅技術編

このモデルハウスは地熱活用住宅です。

地下5m辺りでは年中約20℃ぐらいと外気の影響を受けない環境にあります。地中の安定した温度を積極的に家の中に採り入れ、室内の年間温度差を徹底的に少なくすることを目的とした家づくりです。

地熱を活用したいのでその結果として、基礎も外側から断熱する「完全外断熱」となり、換気については夏と冬で逆転する自然気流を活かした独自(特許)の換気システムを用いております。

下の写真は建築中の時の写真です。↓↓↓ (※クリックすると画像が拡大されます)

伝導型地熱活用住宅基礎工事伝導型地熱活用住宅基礎工事伝導型地熱活用住宅基礎工事伝導型地熱活用住宅基礎工事

伝導型地熱活用住宅基礎工事伝導型地熱活用住宅建築途中の様子伝導型地熱活用住宅屋根工事伝導型地熱活用住宅屋根工事

伝導型地熱活用住宅屋根工事伝導型地熱活用住宅内装工事伝導型地熱活用住宅内装工事伝導型地熱活用住宅外壁工事

伝導型地熱活用住宅設備伝導型地熱活用住宅設備伝導型地熱活用住宅設備伝導型地熱活用住宅機密測定

これらの写真を見て「ちょっと他とは違うな」と思ったアナタはかなり研究されている方だと思います。
お会いできた時にしっかりご説明させていただきますね。

地熱活用に興味のある方・内断熱、外断熱どっちが良いのか迷っている方・長期優良住宅、断熱リフォームをお考えの方、デザインも性能もこだわりたいECOな家を絶対に建てたいんだという方、お気軽にお問合せください