外断熱工法について

完全外断熱の家それが地熱住宅

基礎から家の構造をすっぽりと断熱材ですきまなく覆う図

地熱住宅は完全外断熱の家です。

床下から壁空洞、そして小屋裏の通気を確保し、木部の呼吸と放湿を図っています。

完全外断熱とは、基礎から家の構造をすっぽりと断熱材で隙間なく覆ってしまうことです。

これは、外気の影響を受けることなく地熱を活用する為です。

窓などの開口部を高気密・高断熱に

家にたくさんある窓は断熱性に弱く、「体感温度」に非常に大きな影響を与えます。
その為、外断熱+高気密で地中温度を冷やさないようにしても開口部が高気密・高断熱でなくては意味がないのです。

2重サッシ+断熱雨戸
二重サッシ+断熱雨戸の目的は夏から持ち越しているささやかな地中温度を冷やさないで、暖房しないでも生活できる家にする為。また、防音効果が非常に高いです。
ハニカムサーモスクリーン
蜂の巣構造のスクリーンが、二重の空気層を作り紫外線をカットし、断熱効果を発揮します。
夏場は過剰な熱の移入をカットし、お部屋を涼しく保ちます。冬場は暖めた熱を外に逃がさずお部屋を暖かく保ちます。

アイヌの掟、1年中チョロチョロ薪を燃やす「床下システム」

アイヌのチセ住宅のように床下で火を燃やすことはできないので、床下を冷やさない工夫が床下システムです。

冬の床下システム

どんなに高断熱・高気密住宅でも2階天井付近には「暖かい空気」が溜まっています。この暖かい空気を、床下システムで吸い込み家中の冷気が溜まりやすい床下へ放出します。

夏から持ち越した地中熱を徐々に冷え込むことを防ぎます。床下に送られた暖かい空気が通気幅木や内壁の通気空洞を通り、家中を暖めます。

夏の床下システム

住宅上部のエアコン1台を、床下を含む家中の除湿器としてドライ運転(27℃前後)します。冬とは逆で、床下システムが1階床面付近にたまる除湿された空気を床下に引き込み、冬から持ち越された地中冷熱でより一層冷やされた空気を汲み上げ、2階ホール天井から室内へ放出します。

地熱住宅は本当に効果があるの?

下のグラフは冬中暖房をしないで生活された方の測定記録です。
床下の基礎温度が15度前後で、外気温度に比べて室内温度が低下していません。

地熱住宅のデータ